お問い合わせはこちら総合案内豊徳会本部0947-22-7705
総合相談窓口
トップ > 事業案内 > ジョブカレー工場

ジョブカレー工場

ジョブサポートみろく カレー事業

ジョブカレー工場は、障がいのある方が、自立した日常生活を営むことができるように就労の機会を提供し、生産活動での知識や能力の向上に必要な訓練を適切かつ効果的に行うことを目的とした施設です。

製造しているカレーについて

当事業所で製造しているカレーは 、32種類のスパイスを使用し、添加物を一切入っておらず、健康面に配慮した「健康カレー」です。

コクのあるビーフカレーとマイルドなチキンカレーの2種類を製造しています。(※オリジナルカレーも製造可能です)

特徴1

油の使用量を抑え、胸焼けや胃もたれ感をなくした後味すっきりカレーです!

特徴2

インドカレー特有のつぶつぶスパイスの食感をそのまま感じて頂けます!

特徴3

30数種類のスパイスから独自製法によって生まれた秘伝のカレー粉を使用しています!

特徴4

本格風インドカレーを日本の家庭的な味に仕上げた、とても食べやすいカレーです!

特徴5

玉ねぎをタップリ採り入れた、ビタミンと食物繊維が豊富な カレーです!

衛生管理について

iso22000食品提供にまつわるリスク軽減、顧客からの信頼獲得、安心・安全な製品を提供したいとの考えから平成26年11月18日にISO22000を認証取得しました。

また、衛生面には徹底的に注意し、安全・安心のカレーです。

ISO22000とは

HACCP(※1)の食品衛生管理を基に、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全の国際規格です。

原材料から最終製品になるまでの製造工程において、科学的根拠に基づいてしっかりと管理することで、食中毒等の食品による健康被害の発生を最小限に抑えることができます。

(※1)HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは

食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

引用元 厚生労働省Webサイト

(※1)HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)
「危機分析重要管理点」とは

健康に悪影響をもたらす原因となる食品中の物質を防止または排除し、許容できるレベルまでに低減するための工程を決めて、重点的に管理・記録する衛生管理システムです。

社会福祉法人豊徳会

豊徳会は、
“共に生きる”をモットーに
心と心で繋がったより暖かい社会の創造をめざし、
安心して暮らせるための支援を行っています。

〒822-1211
福岡県田川郡福智町伊方638

tel0947-22-7705 fax0947-22-7706

メール info@houtokukai.com
ホームページ http://www.houtokukai.com